台湾を選ぶ要素

毎年、世界各国から30000人以上の外国人患者は、長庚記念病院へ治療を受けに来ます。

 

2014年:カナダThe Richest webより台湾には世界最高のヘルスケアシステムを持っていると称賛しました。

The Richestウェブサイトは、台湾の医療ケアが世界一であると選出し、日本をはじめ、イギリス、カナダ等の国よりもリードしています。

 

2014:CNNは、台湾の医療成果について賞賛しました。

CNNは、台湾の国民健康保険をその他の国よりも優れたベスト10として選出しました。また、台湾の国民健康保険は、世界的に公民バレッジが最も良い医療体系であるとCNNが認めました。

 

2012年:《ニューヨーク?タイムズ》が台湾医療の進歩を特集として報道しました。

米国プリンストン大学経済学ウウェ?ラインハルト(Uwe Reinhardt)教授は、《ニューヨーク?タイムズ》で「台湾医療ケアの進歩」というタイトルの特別記事を発表し、台湾の医療情報システムがアメリカよりも遥かに進歩していると賞賛しました。

 

2012年:《ナショナルジオグラフィックチャンネル》は「台湾医療の奇跡」を報道しました。

ナショナルジオグラフィックチャンネルは長庚病院へ初撮影しにきて台湾医療サービスをテーマとしたドキュメンタリーを初製作しました。米国からはじめ、エジプト、ドバイ、マレーシア等の国から台湾へ受診しにきて成功的に手術を完成した台湾医療奇跡について完璧に記録しました!

 

 

2012年:「タイム誌」特別コラムは、台湾国民健康保険について紹介しました。

2012年:CNNは、台湾国民健康保険は世界の先進国と同レベルであると称賛しました

タイム誌(Time)はCNN番組司会者のFareed Zakariaが書いた特別な記事を掲載し、台湾とスイスの健康保険案例は両方とも低コストで高品質の医療サービスが受けられることに対してアメリカが勉強すべき対象であると思っています。

 

2005年:ノーベル経済学賞受賞者Paul Krugman氏は、台湾国民健康保険が世界最高な制度であると称賛しました

ノーベル経済学賞受賞者ポール?クルーグマン氏は、常に台湾国民健康保険を引用し、世界的に最高な模範でありお称賛し、同時にアメリカに対して台湾と類似したヘルスケアシステムを採用すべきだと提案しました。

 

2000年:イギリスの《エコノミスト》雑誌は、台湾が世界第二位であると評価しました。

イギリス の定期刊行物《エコノミスト》誌調査部門The Economist Intelligence Unit (EIU)は世界主要な27カ国に対する評価で「世界的な健康ランキング」(Worldwide Health Rankings)において台湾はスウェーデンの次に位置し、世界第二位でありりま。

     Update: サイトマップ
当サイトに関わる情報や写真等のコンテンツの著作権は長庚記念病院にあります。